不妊体験記

自分が不妊症なのではないかと気付いたのは、妊活を意識し出して1年ほど経過した時でした。避妊をせずに夫婦生活を持つことで、1年以内には授かることが多いということも聞いたことがありました。しかも、私の場合は排卵検査薬や基礎体温計も使用していたので、何も考えずに夫婦生活を持っていたという訳でもありませんでした。

先天性異常を防ぐために葉酸サプリが有効だという話も聞いたことがあったので、妊娠計画期からずっと飲み続けていました。葉酸サプリは、会社でも堂々と飲んでいたので、1年経過しても赤ちゃんを授かることができていないということに対する周りの目も辛かったです。

また、私が最も辛いと感じたことは、夫との温度差です。私は、赤ちゃんを授かるためであれば、不妊治療も積極的に受けたいと思っていました。でも、夫は不妊治療にかける費用や労力、そしてプライドを傷付けられることを嫌がりました。そこまでして赤ちゃんが欲しいのであれば、離婚して欲しいとまで言われました。

結局、その後も2年が経過していますが、赤ちゃんを授かることができていません。年齢ばかり重ねていまい、どんどん焦っています。周りが出産ラッシュということもあって、プレッシャーも感じています。そういう気持ちになることも精神的に良くないというのは分かっていますが、冷静でいることができないのです。友人の赤ちゃんに会いに行ったり、出産報告を受けたりということも辛くなっています。人の幸せを心から喜ぶことができない自分に自己嫌悪に陥る日々です。

⇒二人目不妊のブログはこちら

数回、不妊治療を専門的に行なっている婦人科に行き、あらゆる検査も受けました。これといった異常はなく、生殖能力は十分にあると言われました。パートナーとの相性や、パートナー自身の体調や体質も関係があるため、ぜひ旦那さんも連れて来てくださいと言われましたが、実現はできていません。私も、自分自身に異常がないのであれば、原因は夫にあるのではないかと疑っています。このまま、非協力的な姿勢を貫かれてしまうと、不妊治療を受けることさえもできません。でも、その話をすれば離婚と言われるので、萎縮しています。

不妊治療は、夫婦そろって取り組まなければ、意味がありません。もっと前に時間をかけて、夫を説得するべきだったのかもしれません。夫婦2人の生活でも幸せを感じていたのに、妊活によって溝ができたことも、とても辛いです。漢方薬を処方され、自宅に持ち帰ったこともありましたが、飲んでくれることはありませんでした。

一般的な不妊の認識

最近は、不妊についての世間の理解も以前よりかなり深まってきていると感じますね。
例えば女性芸能人でも、不妊治療中だと打ち明けてブログで日々の治療をつづる人もいれば、妊活のために仕事を休業する人もいたりなど
やはり妊娠というのは意外に難しいものだし、かつデリケートなものなので、そうやって著名な人がどんどん情報を発信することで、正しい知識が広まっていけばいいなと思いますよね。
それに、不妊治療というのはお金も時間もかかるもの。それに仕事を休んだり早退したりしないといけない状況も出てきたりします。
そんな時、職場の人の理解を得られなかったら、最悪仕事を辞める羽目にもなりかねませんしね。
ただでさえ精神的に不安定になりがちな不妊治療中、少しでも多くの人が笑顔でリラックスして治療が受けられると良いなと心から思いますね。

ただ、不妊というのは想像以上に辛いもの。実は私自身も治療まではしていないものの現在妊活中で、かれこれ4年経つのに妊娠に至っていません。
一般的には2年妊娠できなければ不妊だと定義されるようなので、十分不妊だよね…と思っています。
不妊で辛いのは何と言っても、周りの人の妊娠報告ですね。
特に自分より後から結婚したとか妊活を始めたとか、はたまた予定外にできちゃった…などという話を聞くと、やはりどうしても複雑な気持ちが心の底では渦巻いてしまいます。
本当は心の底からお祝いをしてあげたいのに、「私のほうが先に妊活を始めたのに…」とか「予定外なんだったら要らないでしょ?どうして私が妊娠できないの」などと、どす黒い気持ちがふつふつと湧いてきてしまうのです。
そして、そんな感情を持ってしまう自分自身が嫌になる…という悪循環に陥ります。
特にリセット、つまり生理が来た直後に妊娠報告をされるのが最も辛いですね。不妊の人にはこの気持ちを理解してもらえると思うのですが、「今回はタイミングもバッチリだったし、妊娠できてるかも…!」と期待が大きければ大きいほど、リセットした時の精神的ダメージもものすごく大きくなってしまいます。
そうやって心が弱っている時に妊娠報告をされてしまうと、正直笑顔がひきつってしまうんですよね。

でも、正直、妊活4年にもなると最近はだいぶ落ち着いてきました(たまに精神的にウワーっときて泣いてしまうこともありますが)。
そんな私が最近飲み始めたのは葉酸サプリです。葉酸は妊娠初期に飲むと良いとは知っていましたが、本当は妊娠が判明する前から必要なんだそうです。
それに、葉酸サプリには造血作用があるので子宮内の血流を良くすることで妊娠の確率を高める効果も期待できるんだとか。
不妊だと色々辛い思いをすることも多いですが、この葉酸サプリをお守りに、今後もマイペースで妊活を続けていきたいですね。

私にとって不妊とは

不妊は子供の欲しい夫婦にとってとても辛いものです。どうしたら妊娠するのかわからずに途方に暮れている人もいるでしょう。不妊の原因には色々ありますが、中には生活習慣が原因の不妊もあります。まずは、日々の生活を見直すことから始めましょう。

不妊に悩んでいる半数近くの女性が、冷え性を患っているとも言われています。冷えによる血行不良は生殖器の機能低下を引き起こす可能性が高いです。

また、お腹がいつも冷たい人は、内蔵型冷え性の可能性があります。内蔵型冷え性は手足や体の表面が温かいことが多いため、自覚できないことも多いです。血流も悪くなり、子宮や卵巣といった大事な生殖器も冷えていくので早めの対処が必要です。

まずは、基礎体温を測ってみてください。基礎体温の平均が36度以下の場合、非常に妊娠しづらい状態といえます。生殖器を含む体全体の血の巡りも悪くなりますし、排卵日もわかりにくくなります。まずは体温を上げること、これがとても重要です。

まずは、体を冷やすものを避けて、体を温める効果のあるものを食べましょう。朝に白湯を一杯飲むだけでも効果がありますよ。また、湯船にゆっくりつかったり、軽い運動を行うのも効果があります。お腹を直接温める腹巻もかかせないアイテムです。

また、食生活の改善も非常に重要です。バランスの良い食事を三食きっちり摂るようにしてください。食事は男性不妊とも関係しています。ご夫婦で一緒に食事を見直しましょう。また、煙草やお酒は男女の生殖機能に悪影響をあたえるので、なるべく控えるようにしてください。

また、不妊改善に効果的な食べ物もあるので、うまく食事に取り入れると良いでしょう。鉄やビタミンE、葉酸といった成分は妊娠に必要不可欠です。これらを沢山含んで椅いる、ノリや ワカメ、サーモンを食べるようにししてください。

食事で摂れないようであれば、サプリメントが有効です。特に葉酸を必要量摂取するのは難しいです。妊娠に必要な成分を一遍に摂れる葉酸サプリもあるので、積極てきに飲むようにしましょう。

ストレスや疲労は不妊の原因の原因である、ホルモンバランスの乱れにつながります。日ごろストレスをためていないか、疲れはとれているか、一度よく考えてみましょう。睡眠時間をしっかり確保すれば、疲れやストレスの解消につながります。日ごろ眠れていないという方は、よく眠れる環境をつくることから始めてください。

ただし、不妊の原因は医師の診断をうけなければわかりません。妊娠できない状態が続くようであれば、一度産婦人科を受診しましょう。

不妊症の原因とは?

結婚をして避妊をしないで普通の夫婦生活を送っていれば結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。一般的に避妊をしないで1年を経過しているのにもかかわらず、子供ができなければ不妊症ということになります。その原因は何が考えられるのでしょうか。

【不妊症はどういう原因が考えられるのか】

考えられる不妊症の原因は、女性、男性のどちらかの原因や他にも不妊の原因がわからない場合。女性側と男性側それぞれに何らかの原因がある等が考えられます。

女性側の主な原因としては、卵巣機能不全や卵管の狭窄、癒着や閉鎖、水腫など。子宮では筋腫や奇形、発育不全そしてホルモンの異常や子宮内膜症が主な原因です。男性側の主な原因としは、無精子症や精路閉鎖、性交障害や内分泌ホルモン異常があげられます。

【不妊の治療方法は】

治療方法はタイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精があります。
タイミング法とは、卵胞の大きさやおりものの状態、血中値などから排卵日を特定して、その日に夫婦生活を試みることで、自然妊娠を目指す方法。人工授精では精子に不妊の原因がある、ヒューナーテストが良くない場合、夫婦生活を排卵日に行っても、妊娠しない場合などの時に、人の手を介して精子を子宮内に注入する方法。

体外受精については、体の外で精子と卵子を受精させて、受精卵を子宮内に戻す方法。人工授精を行っても妊娠に至らない、精子に不妊症の原因がある、卵管の詰まりが原因の場合に人工授精が行われます。

最後に顕微授精ですが、体外受精に似ていますが、受精の方法に違いがあります。体外受精では精子の力で受精させますが、顕微授精ではガラス管等を使って精子を卵子に注入させ受精させます。体外受精でも受精しない、精子の運動性不良、奇形精子の割合が高い場合や、受精障害を引き起こすと考えられる抗精子抗体が存在する場合に行われます。

【妊活と葉酸サプリメント】

妊活中は、たくさんの栄養素が必要になってきます。葉酸の成分はもちろんですが、カルシウムやミネラル、鉄分も重要な栄養素です。しかしそのたくさんの栄養素を毎日の食品から継続して補うのは非常に大変なのではないでしょうか。そんな時に、手軽に摂取することができるのが葉酸サプリメントになります。

不妊治療や赤ちゃんがなかなかできないことによる不安や、イラだちなど辛い毎日があると思いますが治療をしながら、毎日の生活習慣として葉酸のサプリメントを取り入れて、妊娠に必要な栄養成分を手軽に取り、妊活に役立てみてはいかがでしょうか。

不妊体験談

私にとって不妊とは見えないゴールだと思います。結婚したのは29歳の時でした。私はすぐにでも欲しかったのですが、主人は経済的なことを考えていたので1年後から妊活をスタートさせました。結婚した当初は妊娠はすぐできるものだと思っていました。が、妊活を続けて2年が経っても一向にできず、友人に相談して不妊外来に行きました。
最初は夫婦で不妊について医師からの説明があり、治療するタイミングや費用、検査方法などを聞きました。まずは基礎体温から計らなければならず、数ヶ月間毎日続けたのを覚えています。体温を見ると低温期と高温期に分かれていたので、タイミング療法から開始しました。しかし、私の体は排卵が一般の人よりも1週間遅くタイミングがうまくいきませんでした。その間に血液検査やフーナーテスト、精子の検査などをしました。どれも異常がなく後は排卵がうまくいけばという感じでした。
その頃から私と主人の間で溝が生じてギクシャクするようになりました。できなくて焦る私。のんびりと構えている主人にイライラが募りました。
私たちよりも遅く結婚した人たちが次々に妊娠していました。芸能人も妊娠と聞くだけで焦り、生理がきては落ち込み涙して帰ったのを今でも覚えています。半年が経ち、卵管造影検査を受けることにしました。結果は正常。何が原因なのか分からずに辛い毎日を過ごしていました。
わらをもすがる思いで、葉酸サプリや漢方薬、腹巻にレッグウォーマー、神社へ子宝お参り等々ありとあらゆることをしましたが授からず、さすがに疲れてしまいました。
そのときに主人と面と向かって話し合いをしました。今まで言い出せなかったことやホントはこうしてほしかったことなどを話しました。
すると主人も「俺だって周りから色々と言われてたけど言わなかったんだ。」と言われ、ハッと気がつきました。
私は妊娠のことばかりが頭にあり夫のことを考えていなかったことに気がついたのです。
妊娠って夫婦の共同作業なのに一人だけ突っ走って焦って…。
これではいけないと思い、夫婦の仲を深めるために一度治療を休むことにしました。
休むのであって辞めるのではないと心に決めて旅行を計画しました。
そんなときに妊娠が発覚。二人してびっくりしました。
あんなに辛かった治療はいったいなんだったんだろうと思ったぐらいです。
結婚は子供を産むためにするものではありませんが、どうしても結びつけてしまいます。
不妊治療をしてみて分かったのですが、ゴールを決めない自分を見失ってしまうと思いました。
私は第2子も不妊治療中ですが、そろそろゴールを決めなければいけないと終われない気がします。