一般的な不妊の認識

最近は、不妊についての世間の理解も以前よりかなり深まってきていると感じますね。
例えば女性芸能人でも、不妊治療中だと打ち明けてブログで日々の治療をつづる人もいれば、妊活のために仕事を休業する人もいたりなど
やはり妊娠というのは意外に難しいものだし、かつデリケートなものなので、そうやって著名な人がどんどん情報を発信することで、正しい知識が広まっていけばいいなと思いますよね。
それに、不妊治療というのはお金も時間もかかるもの。それに仕事を休んだり早退したりしないといけない状況も出てきたりします。
そんな時、職場の人の理解を得られなかったら、最悪仕事を辞める羽目にもなりかねませんしね。
ただでさえ精神的に不安定になりがちな不妊治療中、少しでも多くの人が笑顔でリラックスして治療が受けられると良いなと心から思いますね。

ただ、不妊というのは想像以上に辛いもの。実は私自身も治療まではしていないものの現在妊活中で、かれこれ4年経つのに妊娠に至っていません。
一般的には2年妊娠できなければ不妊だと定義されるようなので、十分不妊だよね…と思っています。
不妊で辛いのは何と言っても、周りの人の妊娠報告ですね。
特に自分より後から結婚したとか妊活を始めたとか、はたまた予定外にできちゃった…などという話を聞くと、やはりどうしても複雑な気持ちが心の底では渦巻いてしまいます。
本当は心の底からお祝いをしてあげたいのに、「私のほうが先に妊活を始めたのに…」とか「予定外なんだったら要らないでしょ?どうして私が妊娠できないの」などと、どす黒い気持ちがふつふつと湧いてきてしまうのです。
そして、そんな感情を持ってしまう自分自身が嫌になる…という悪循環に陥ります。
特にリセット、つまり生理が来た直後に妊娠報告をされるのが最も辛いですね。不妊の人にはこの気持ちを理解してもらえると思うのですが、「今回はタイミングもバッチリだったし、妊娠できてるかも…!」と期待が大きければ大きいほど、リセットした時の精神的ダメージもものすごく大きくなってしまいます。
そうやって心が弱っている時に妊娠報告をされてしまうと、正直笑顔がひきつってしまうんですよね。

でも、正直、妊活4年にもなると最近はだいぶ落ち着いてきました(たまに精神的にウワーっときて泣いてしまうこともありますが)。
そんな私が最近飲み始めたのは葉酸サプリです。葉酸は妊娠初期に飲むと良いとは知っていましたが、本当は妊娠が判明する前から必要なんだそうです。
それに、葉酸サプリには造血作用があるので子宮内の血流を良くすることで妊娠の確率を高める効果も期待できるんだとか。
不妊だと色々辛い思いをすることも多いですが、この葉酸サプリをお守りに、今後もマイペースで妊活を続けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です