私にとって不妊とは

不妊は子供の欲しい夫婦にとってとても辛いものです。どうしたら妊娠するのかわからずに途方に暮れている人もいるでしょう。不妊の原因には色々ありますが、中には生活習慣が原因の不妊もあります。まずは、日々の生活を見直すことから始めましょう。

不妊に悩んでいる半数近くの女性が、冷え性を患っているとも言われています。冷えによる血行不良は生殖器の機能低下を引き起こす可能性が高いです。

また、お腹がいつも冷たい人は、内蔵型冷え性の可能性があります。内蔵型冷え性は手足や体の表面が温かいことが多いため、自覚できないことも多いです。血流も悪くなり、子宮や卵巣といった大事な生殖器も冷えていくので早めの対処が必要です。

まずは、基礎体温を測ってみてください。基礎体温の平均が36度以下の場合、非常に妊娠しづらい状態といえます。生殖器を含む体全体の血の巡りも悪くなりますし、排卵日もわかりにくくなります。まずは体温を上げること、これがとても重要です。

まずは、体を冷やすものを避けて、体を温める効果のあるものを食べましょう。朝に白湯を一杯飲むだけでも効果がありますよ。また、湯船にゆっくりつかったり、軽い運動を行うのも効果があります。お腹を直接温める腹巻もかかせないアイテムです。

また、食生活の改善も非常に重要です。バランスの良い食事を三食きっちり摂るようにしてください。食事は男性不妊とも関係しています。ご夫婦で一緒に食事を見直しましょう。また、煙草やお酒は男女の生殖機能に悪影響をあたえるので、なるべく控えるようにしてください。

また、不妊改善に効果的な食べ物もあるので、うまく食事に取り入れると良いでしょう。鉄やビタミンE、葉酸といった成分は妊娠に必要不可欠です。これらを沢山含んで椅いる、ノリや ワカメ、サーモンを食べるようにししてください。

食事で摂れないようであれば、サプリメントが有効です。特に葉酸を必要量摂取するのは難しいです。妊娠に必要な成分を一遍に摂れる葉酸サプリもあるので、積極てきに飲むようにしましょう。

ストレスや疲労は不妊の原因の原因である、ホルモンバランスの乱れにつながります。日ごろストレスをためていないか、疲れはとれているか、一度よく考えてみましょう。睡眠時間をしっかり確保すれば、疲れやストレスの解消につながります。日ごろ眠れていないという方は、よく眠れる環境をつくることから始めてください。

ただし、不妊の原因は医師の診断をうけなければわかりません。妊娠できない状態が続くようであれば、一度産婦人科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です