不妊症の原因とは?

結婚をして避妊をしないで普通の夫婦生活を送っていれば結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。一般的に避妊をしないで1年を経過しているのにもかかわらず、子供ができなければ不妊症ということになります。その原因は何が考えられるのでしょうか。

【不妊症はどういう原因が考えられるのか】

考えられる不妊症の原因は、女性、男性のどちらかの原因や他にも不妊の原因がわからない場合。女性側と男性側それぞれに何らかの原因がある等が考えられます。

女性側の主な原因としては、卵巣機能不全や卵管の狭窄、癒着や閉鎖、水腫など。子宮では筋腫や奇形、発育不全そしてホルモンの異常や子宮内膜症が主な原因です。男性側の主な原因としは、無精子症や精路閉鎖、性交障害や内分泌ホルモン異常があげられます。

【不妊の治療方法は】

治療方法はタイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精があります。
タイミング法とは、卵胞の大きさやおりものの状態、血中値などから排卵日を特定して、その日に夫婦生活を試みることで、自然妊娠を目指す方法。人工授精では精子に不妊の原因がある、ヒューナーテストが良くない場合、夫婦生活を排卵日に行っても、妊娠しない場合などの時に、人の手を介して精子を子宮内に注入する方法。

体外受精については、体の外で精子と卵子を受精させて、受精卵を子宮内に戻す方法。人工授精を行っても妊娠に至らない、精子に不妊症の原因がある、卵管の詰まりが原因の場合に人工授精が行われます。

最後に顕微授精ですが、体外受精に似ていますが、受精の方法に違いがあります。体外受精では精子の力で受精させますが、顕微授精ではガラス管等を使って精子を卵子に注入させ受精させます。体外受精でも受精しない、精子の運動性不良、奇形精子の割合が高い場合や、受精障害を引き起こすと考えられる抗精子抗体が存在する場合に行われます。

【妊活と葉酸サプリメント】

妊活中は、たくさんの栄養素が必要になってきます。葉酸の成分はもちろんですが、カルシウムやミネラル、鉄分も重要な栄養素です。しかしそのたくさんの栄養素を毎日の食品から継続して補うのは非常に大変なのではないでしょうか。そんな時に、手軽に摂取することができるのが葉酸サプリメントになります。

不妊治療や赤ちゃんがなかなかできないことによる不安や、イラだちなど辛い毎日があると思いますが治療をしながら、毎日の生活習慣として葉酸のサプリメントを取り入れて、妊娠に必要な栄養成分を手軽に取り、妊活に役立てみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です